“Sakura” 配信スタートです

ライブでおなじみだった “Sakura”が、4/17から配信スタートしました。元々は僕がギター曲としてリオで録音した”Minor Waltz”を気に入ったボサノバ・レジェンドSergio Augustoさんが、ご自身の音楽パートナーSergio Limaさんとポルトガル語の詞をつけてくださったボーカル作品です。ちょうど4年前、僕の娘が生まれた際にバースデーソング的に書いてくださったもので、「かわいいねぇ、おいでおいで〜」という感じに愛でる内容になっています。やはりネイティブかつプロフェッショナルな方が詞をつけると、韻の踏み方や言いまわしが違いますね。 “Vem trazer nosso verão”(桜が咲いてその後には夏がやって来る)といった表現が美しいです…実は僕もポルトガル語の作詞にトライした事がありますが、どうしても訳詞のようになってしまい…日本語の方が向いてるな(笑)

今回はライブでもご一緒していただいているベテランピアニスト、重久義明さんに(念願叶って)参加していただきました。今年の初めに僕のパートを自宅で録り終えて、忙しくもあり何となく一段落していたのですが、3月に入りコロナウイルスの感染拡大でスケジュールが空いたタイミングで、「これはこの時間を生かしてリリースしよう!」と奮起して重久さんにコンタクト。ご自宅まで伺ってピアノとエレクトリック・ピアノを弾いていただきました。ギター弾き語りに寄り添うような、どこか儚げな音色がとても気に入っています。mix&マスタリングは前作と同じく大信頼のスタジオ・レダ水谷勇紀さんに仕上げていただきました。

Spotify、Apple Music、Google play 等で好評再生中です♪
(iTunes Storeでダウンロードご購入もokです)

 

そして前作『リムジンバス』で好評だったので、またカフェを間借りしてMVを撮ろうと考えていたのですが…今回は自宅からです。YouTubeのチャンネル登録も良かったら是非ぜひ!

 

テレワークduoしてみました

コロナウイルスの終息がなかなか見えず、ライブやレッスンのお仕事がやりづらい昨今、まさに延期になってしまったライブで初共演する予定だったフルーティストの満島貴子さんをお誘いして、テレワーク動画を作ってみました。

まず僕がギター弾き語りをした動画を彼女に送信、それにフルートの演奏を合わせて録画したものを返信していただき、それらを一つに編集しました。何だか本当にセッションしたような気がして楽しかったです。曲はマルコス・ヴァーリのA Resposta(The Answer)。ナラ・レオンがサンバに傾倒していた時に「コパカバーナのお嬢様に庶民のサンバが歌えるの?」というちょっと皮肉っぽい歌詞(でもPOPなメロディで良い感じ)の作品です。

 

Brazil Press Award Japan 2020にノミネートされました

ブラジル・カルチャーの日本普及に貢献した人に贈られる賞の2020年男性歌手部門にノミネートされました!候補の皆さん素晴らしい方々なので恐縮ですが…もし良かったら応援(投票)よろしくお願いいたします!!(投票は3/12まで)
http://japao.focusbrasil.org/vote

まず1段目がお名前(例:Takeo)、2段目が姓(例:Tsutsui)、3段目がメールアドレスを入力していただき、2. Cantor Japonês の僕の名前をチェック、ずっと下りてセキュリティーコード(上枠に表示されます:スパム防止のためかな)を入力、votar(投票する)ボタンを押していただく…という感じです。是非ぜひ!