“Sakura” 配信スタートです

ライブでおなじみだった “Sakura”が、4/17から配信スタートしました。元々は僕がギター曲としてリオで録音した”Minor Waltz”を気に入ったボサノバ・レジェンドSergio Augustoさんが、ご自身の音楽パートナーSergio Limaさんとポルトガル語の詞をつけてくださったボーカル作品です。ちょうど4年前、僕の娘が生まれた際にバースデーソング的に書いてくださったもので、「かわいいねぇ、おいでおいで〜」という感じに愛でる内容になっています。やはりネイティブかつプロフェッショナルな方が詞をつけると、韻の踏み方や言いまわしが違いますね。 “Vem trazer nosso verão”(桜が咲いてその後には夏がやって来る)といった表現が美しいです…実は僕もポルトガル語の作詞にトライした事がありますが、どうしても訳詞のようになってしまい…日本語の方が向いてるな(笑)

今回はライブでもご一緒していただいているベテランピアニスト、重久義明さんに(念願叶って)参加していただきました。今年の初めに僕のパートを自宅で録り終えて、忙しくもあり何となく一段落していたのですが、3月に入りコロナウイルスの感染拡大でスケジュールが空いたタイミングで、「これはこの時間を生かしてリリースしよう!」と奮起して重久さんにコンタクト。ご自宅まで伺ってピアノとエレクトリック・ピアノを弾いていただきました。ギター弾き語りに寄り添うような、どこか儚げな音色がとても気に入っています。mix&マスタリングは前作と同じく大信頼のスタジオ・レダ水谷勇紀さんに仕上げていただきました。

Spotify、Apple Music、Google play 等で好評再生中です♪
(iTunes Storeでダウンロードご購入もokです)

 

そして前作『リムジンバス』で好評だったので、またカフェを間借りしてMVを撮ろうと考えていたのですが…今回は自宅からです。YouTubeのチャンネル登録も良かったら是非ぜひ!

 

2020年も新作を出します

昨年末にリリースしたシングル『リムジンバス』がSpotifyの公式プレイリストNew Music Friday  Japanに入り、お陰様で好評再生中です。という訳で、春のリリースに向け次回作の録音を始めました。ざっとギターとポルトガル語詞のボーカル録りが完了。ここから他の楽器の音を加えてもらったり、仕上げはスタジオでエンジニアさんにお願いします(自宅ではシンプルなセッティングで、リラックスして録るのがポイントかも)。さて、次は日本語の歌詞を考えないと…

『リムジンバス』 配信スタートです

ライブ会場のみ限定販売だった好評のオリジナル曲『リムジンバス 』が12/13からストリーミング&ダウンロード販売がスタートです。  
Spotify
Apple Music

SAさんを空港まで迎えに行くバスの窓から見える夕焼けが印象的だったので詞にしてみました。シンプルにアコースティック&エレクトリックのギター2本とボーカル、どれも自分で演奏しています。ミックス&マスタリングはスタジオ・レダの水谷勇紀さんにお願いしました。

そして、手作りPVは川越のカフェ、シボネボルケさんの閉店後に撮影しました(動画は弾き語りショートバージョン、レコーディング音源とは異なります)。どちらも是非チェックしてみてください♪